病気の種類ってどのくらいあるの?

こんなにあった!?病気の種類

病気の種類ってどのくらいあるの?

病気とは人間や動物などの身体や精神に何等かの原因で不具合となる異常が起こり、健康とはいえない状態になり治療を望む状態になることです。種類は数万にも及ぶといわれており、新しい症状や先天性異常などが発見されて現在も数は増え続けています。ただしけがや骨折を一般的には病気とはいわなかったり、原因が不明の症状が続くものに症候群という名前をつけるなど定義はあいまいです。また罹患した部位で病名を細かくわけるとさらに種類は増えます。

  1. TOP > 

病気の種類と部位

病気の種類と部位

病気の種類と知っておきたい症状

内蔵に起こりやすい病気の種類とは

内蔵に起こりやすい病気の種類とは

人間の体はいくつかの内蔵が正常に働くことで生命活動が維持できています。…

目の病気の種類とその特徴

目の病気の種類とその特徴

目の病気の種類ですが、まず瞼(まぶた)のでは、麦粒腫があります。これは…

もっと意識したい耳の病気と種類

もっと意識したい耳の病気と種類

普段はそれほど耳について考える事はないかもしれませんが、なんとなく聞こ…

子どもの病気の種類と症状

子どもの病気の種類と症状

子どもの病気にはさまざまな種類があります。知っておきたい病気の種類と症…

脳の病気の種類にはどのようなものがあるか

脳の病気の種類にはどのようなものがあるか

さまざまな病気の種類があります。梗塞は血管がつまってしまい、血流が滞っ…

病気の種類と部位

病気の種類と知っておきたい症状

Copyright © 2015 こんなにあった!?病気の種類 All rights reserved.